父の恥ずかしい失敗を目撃してしまった。

先日、父と二人で買い物へと出掛けました。
出掛けた先は近所のスーパーで、私はスーパーの中で野菜等の食材を購入していました。
父も荷物持ちに来てくれて、一緒に荷物を持ってくれて大助かりでした。
そんな父がスーパーの宝くじ売り場へ行ってくると言い、私よりも先にスーパーから出て行きました。
ほんの数分遅れで私も父が居る宝くじ売り場に向かったところ、
宝くじを購入した直後だったらしく買って満足そうにする父を発見しました。
そんな父が私に気付いて歩いて来た瞬間に、今まさに購入した宝くじを地面に落としてしまいました。
思わず私はお父さん鈍くさいな、なんて心の中で思っていたのですが、
私以外にもその現場を目撃していたおじさんが居て、
父に落としたら当たらないよ。と、一言だけ告げて立ち去ってしまいました。
思わずその現場を見て笑ってしまいました。おじさんの言っていることも正しいなと思ったからです。
結局おじさんの言うとおり宝くじは一切当たらずでしたが、凄く思い出に残る出来事となりました。
今でも、そのスーパーに行くとあの時のおじさんを思い出してしまいます。
その後も父は同じ宝くじ売り場へ足を運んでいるのですが、
どうやらそのおじさんも宝くじを買いに来ていた方だったらしく
同じ宝くじ売り場で父と何度も顔を合わせるようになっていますし、いつしか挨拶する仲になっています。

お互いにインパクトのある出会いだったので、
こういう挨拶が出来る関係が近場で出来るって素敵だなと感じています。